頚椎疾患について

頚椎疾患
頚椎疾患

頸椎(けいつい)疾患とは?

頸部の痛みや異常に気づいたら

成人の頭は5〜7kgとたいへん重く、これに加え両側の上肢の重さも頸椎にかかり、頸椎は寝ている時以外は大きな負担を強いられている部位です。加齢による様々な頸椎の病気は、こうした負担に耐え続けてきた結果、徐々に傷んで出てくるものです。軽い頸部痛や肩こりだけなら、市販の鎮痛薬や湿布などで様子をみてもよいでしょう。ただし痛みがずっと続いたり、また、だんだん悪化したり、手足のしびれや痛み・運動麻痺などのさまざまな神経症状が現れるような場合は、迷わず専門医を受信しましょう。マッサージなどによる頸部への不用意な外力は、痛みを和らげる目的であったとしても、脊髄症状を悪化させることがあります。

頸椎疾患とは

頸部の疾患にはどんなものがある?

頸椎症

頸部の疾患にはどんなものがある加齢に伴い、椎間板(ついかんばん)の弾力性が失われたり、椎間関節が変形したりすることがあります。椎体と椎体の間でクッションの役割をしている椎間板が後方に飛び出したり、頸椎に「骨棘(こっきょく)」という骨のトゲのようなものが生じて、脊髄や神経根を圧迫したりすることで首の痛みが現れてきます。症状としては、漠然とした首の痛みから始まり、だんだんと強くなっていきます。


また上肢や下肢にいく脊髄神経が圧迫されると、首だけでなく、徐々に上肢や下肢に痛みや脱力感、手指の感覚異常、こわばり、歩行障害……などの様々な症状が出てきます。頸部の症状としては、肩や首の筋肉の緊張や、押すと痛みが出るといった、圧痛がみられます。中にはひどい肩凝りとしてしか自覚せず、脊髄神経圧迫による便秘や排尿障害などの症状が出て初めて気づく人もいます。40〜50代以降の人に起こりやすく、主に加齢が原因で起こります。

頸椎椎間板ヘルニア

加齢に伴う椎間板の変性により起こる病気です。椎間板は椎骨間で衝撃を吸収してクッションのような役割をしますが、クッションの表面が破れた状態、すなわち椎間板・線維輪に亀裂が入って内部の髄核(ずいかく)が飛び出した状態が椎間板ヘルニアです。この脱出した髄核が脊髄や神経根を圧迫することで、急に首が痛くなったり、動かせなくなったり、手足のしびれや痛み・運動麻痺などのさまざまな神経症状を引き起こします。

頸椎椎間板ヘルニア

30代以降の人に起こりやすく、年齢や運動負荷・遺伝的素因などいろいろな因子が影響して起こるといわれています。例外として、頸椎の脱臼などの外傷に伴うものもあります。椎間板ヘルニアの症状は多彩ですが、ヘルニアが脊髄を圧迫して生じる「脊髄症状」、神経根を圧迫して生じる「神経根症状」と椎間板そのものから発生する「椎間板性疼痛」の、大きく三つに分けられます。

脊髄症状 手、体幹、下肢のしびれ ボタンかけがしにくい、ハシが持ちにくい、 階段が降りるとき力が入らない。 歩行時足に力が入らない 尿の出方が弱い。便秘がち
神経根症状首から肩腕にかけて重い、だるい、焼けるような痛みが走る。 頚椎をそらすと腕に痛みが走る
椎間板性疼痛頭痛 頚部痛 めまい はきけ

後縦靱帯骨化症(こうじゅうじんたいこっかしょう)

椎骨と脊髄の間にあり頸椎を補強している靭帯組織のうち後縦靱帯が骨化して厚くなり、脊髄を圧迫する病気です。首の痛みだけでなく、進行すると手足のしびれなども現れてきます。骨化した靭帯は、脊柱管(せきちゅうかん)内で脊髄を徐々に圧迫し、麻痺症状を引き起こします。現在のところ原因は不明ですが、遺伝的要因やカルシウムの代謝異常などが関係しているといわれます。

後縦靱帯骨化症

主な症状は脊髄圧迫症状で、手足のしびれや痛み、手の細かい動作がやりにくいなどの症状が現れます。また、足が突っ張って歩きにくい、さらに頻尿や失禁、便秘などが現れることもあります。こういった脊髄症状は、徐々に悪化する場合がほとんどですが、転倒などの軽い外傷などがきっかけとなって、急激に悪化することもあります。40代以降の人に発症しやすく、日本の成人の2~4%にみられるといわれています。

頸椎症性脊髄症(けいついしょうせいせきずいしょう)
頸椎症性神経根症(けいついしょうせいしんけいこんしょう)

頸椎症性脊髄症

加齢による頸椎の変化に伴って、張り出した椎間板や骨棘、肥厚した黄色靭帯によって、神経が圧迫されて症状が出ることがあります。脊髄が圧迫される場合を頸椎症性脊髄症、神経根(脊髄から出る神経の枝)が圧迫される場合を頸椎症性神経根症といいます。脊髄症と神経根症とでは、治療法は少し異なります。神経根症では、症状が強い場合、手術を行うこともありますが、多くは保存療法で改善します。とくに高齢者の場合は手術については慎重に検討します。脊髄症の場合は、自然経過での改善はあまり期待できません。脊髄は一度傷んでしまうと改善しにくい性質があり、脊髄症が原因で運動障害が出ているような場合は、できるだけ早期に治療を始める必要があります。