PLDD レーザー治療

日帰りが可能な治療法

椎間板ヘルニアに対して行われるレーザーを使った治療法です。
日帰りでの治療が可能です。

PLDDレーザー治療とは

PLDDレーザー治療とは

PLDDはX線透視下で、背中から針を刺し針の中からレーザーファイバーを通してレーザーを照射し、髄核内の水分を蒸散させる治療方法です。レーザーを照射することによって水分を蒸散させ隙間を形成し、椎間板内の圧が減少することによってヘルニアによる圧迫が解消されるようになります。

下記のような方に
オススメです

  • 針を通すだけなので傷口が小さく、切開手術と比較して傷跡が残りにくいです。

  • 日帰りでの治療が可能です。

  • リハビリのための通院は原則的に必要ありません。(※)

※:治療後の経過観察のため、通院いただくこともございます。

デメリットとしては以下のようなものがあげられます。

  • 髄核内の水分を蒸散させる治療法なので、加齢等により髄核内に水分量が少ない患者様には適応できない可能性があります。

  • 全ての椎間板ヘルニアに対応できる治療ではありません。(※)

  • 保険適用外(自費診療)の治療法です。

※:髄核内に隙間を作り、飛び出した椎間板を縮ませることで椎間板内の圧を減少させる治療法なので大型、脱出型の椎間板ヘルニアには効果がえられにくいと考えられるため

当院のPLDDの適応について

初期のヘルニアには効果が高いPLDD

当院ではこのヘルニアレーザー治療(PLDD)は、初期段階の椎間板ヘルニアに対して適応されます。また、髄核内の水分を蒸散させる治療法なので、診断により、効果が見込めるほどに髄核内に水分を有する患者様に対して適応されます。

治療の流れ

① 検査日のご予約
当院は完全予約制です。
電話または予約フォームにてご予約を受け付けております。
TEL:042-499-4118
② 受診・診察
健康保険証やお薬手帳等の各種医療証をご持参ください。画像検査等を行い、診断いたします。
③ 治療日の予約
診断によりPLDDの適応があり、患者様がPLDD治療を希望される場合、後日に治療日を設定します。
④ 治療当日
PLDDは局所麻酔で行われます。治療後は医師の指示のもとご休憩いただき、原則当日の退院が許可されます。(※)

※:リハビリのための通院は原則的に必要ありませんが治療後の経過観察のため、通院いただくこともございます。

PLDDの治療費用について

PLDDの治療費用について
  • レーザー治療による椎間板ヘルニアの治療(PLDD)は、健康保険適用外(自費診療)です。

  • 料金には手技費用、材料費、施行後3ヵ月までのアフターフォロー料金が含まれています。

  • 費用はすべて消費税込の価格です。

  • 1箇所378,000円(税込)。2箇所目以降+10,800円(税込)の価格設定となっています。

治療箇所 費用(税込)
1箇所 378,000円
2箇所 388,000円
3箇所 399,600円

折り返しお電話をご希望の方

こちらから折り返し電話を希望される方は以下のフォームにご入力下さい。
予約フォームのみではご予約は完了しておりません。当院からの電話で予約日の設定をさせて頂きます。

お名前【必須】
ふりがな
電話番号【必須】


※連絡の取りやすい電話番号をご入力ください。

ご連絡ご希望時間

ご予約日について当院からご連絡致します。連絡が取りやすい時間帯をご指定下さい。2営業日以内に当院から連絡が無い場合はお手数ですが直接ご連絡下さい。

当院をお知りになったきっかけ

その他を選択の方は下記にご記入ください

送信ページ
自覚症状

頚、腰、背部、肩、臀部、足など痛みや痺れについてご記入下さい。

ご希望について