PLDD レーザー治療

日帰りが可能な治療法

椎間板ヘルニアの治療で注目を浴びている治療がPLDDです。
従来の手術方法に比べて「肉体的」「精神的」負担が少ないといわれる治療法です。

PLDDレーザー治療とは

PLDDレーザー治療とは
PLDDはX線透視下で、背中から脊柱管(せきちゅうかん)に針を刺し針の中にレーザーファイバーを髄軸(ずいじく)に蒸散(じょうさん)する治療方法です。ヘルニアを起こしている髄軸ではなく、繊維輪(せんいりん)内に収まっているレーザーを照射することによって繊維輪内に隙間を形成し、椎間板(ついかんばん)内の圧が減少することによってヘルニアによる圧迫が解消されるようになります。

下記のような方に
オススメです

  • リハビリの必要が無いため日帰り出来ます。
  • ヘルニア部分に針を通すだけなので手術時間が短いです。
  • 切開しない治療なので傷口は残りません。
  • 治療後のリハビリもないので、通常通りの生活が出来ます。
  • PLDD法は椎間板ヘルニアに対する根本的治療です。
  • 気になる部位を一度に診てもらいたい方(遠方等にお住いで当院へ何度も通えない方など)。

一方、問題点としては以下のようなものがあげられます。

  • 全ての椎間板ヘルニアに対応できる治療はありません。(大型、脱出型には効果がえられにくい)
  • 保険適応内治療ではありません。
  • 効果を体感できるのに時間を要することがあります。

初期のヘルニアには効果が高いPLDD

初期のヘルニアには効果が高いPLDD
当院ではこのヘルニアレーザー治療(PLDD)は、初期段階の椎間板ヘルニアに対して適応されます。また、切開する手術と比較して出血がなく、局所麻酔で済み、治療時間が短いという点で、患者さんの体に与える負担も軽くなります。そのため日帰りでの治療が可能となります。ただ、PLDDは、ヘルニアの進行状況によっては、効果が出にくい場合もありますので、それを見極める最初の診断が大切です。

PLDDの治療費用について

PLDDの治療費用について
レーザー治療による椎間板ヘルニアの治療は、最先端医療であるため健康保険適用外です。そのため、治療費を高額とお感じになられる方も多くいらっしゃいますが、日帰り手術に魅力を感じる方が多いことも事実です。

初回1カ所 350,000円(+消費税)※
2カ所目以降(椎間追加) +10,000円(+消費税)

※ 料金には手技費用、材料費、施行後3ヵ月までのアフターフォロー料金が含まれています。

折り返しお電話をご希望の方

こちらから折り返し電話を希望される方は以下のフォームにご入力下さい。
予約フォームのみではご予約は完了しておりません。当院からの電話で予約日の設定をさせて頂きます。

お名前【必須】
ふりがな
電話番号【必須】


※連絡の取りやすい電話番号をご入力ください。

ご連絡ご希望時間

ご予約日について当院からご連絡致します。連絡が取りやすい時間帯をご指定下さい。2営業日以内に当院から連絡が無い場合はお手数ですが直接ご連絡下さい。

当院をお知りになったきっかけ

その他を選択の方は下記にご記入ください

送信ページ
自覚症状

頚、腰、背部、肩、臀部、足など痛みや痺れについてご記入下さい。

ご希望について